ブログを始めることに決めたよ

フリートーク

税理士開業して、なんだかんだで今年の8月で丸5年。

「そろそろちゃんと何か残しときたいなぁ」とふと思い、ブログを始めることにしました。

なぜこのタイミング?といっても、思いついたのが今だから。。

今までアメブロとかで「本当に心底どうでもいい日記」は書いたりしてましたが、今般、事務所公式HPと絡めていこうかと思いました。

スポンサーリンク

ブログで書いて行こうかなと思うもの

おし、ブログ書こう!

と思ってみたけど、活字にするって結構難しい。

でもとりあえずこういうのを書いていこうと思いまして。

税理士・公認会計士に関するもの(仕事内容、試験、業界について)

世間様にちょっと役立てるもの(税務、会計、監査などの専門ネタ)

あとはフリーで(趣味、私生活とか自分が書きたいだけのネタ)

うむ、こんな感じで書いていこうと。やれる範囲で。

税理士・公認会計士に関するもの

僕は税理士として開業して丸5年経ちますが、同時に公認会計士として約10年経験してきました。

2019年6月末を以て、それまで所属していた監査法人を完全に離れております。

いわゆる、「卒業」でございます。

なので、直近約5年間は「税理士と公認会計士を両方やっていた」感じです。二刀流でした。

 

まず、キャリアのスタートは、公認会計士からです。

22歳(2009年11月)に公認会計士2次試験(論文式試験といいます)を合格して、そのまま監査法人に入所、その後2019年6月末まで監査法人に所属しました。

その間、国内の上場会社を主なクライアントとして、決算書の中身をチェックする「監査」という業務をずっとやってました。

この監査を詳しく書くと1回目にして終わりが見えなくなるので、一旦、割愛。

監査実務や会計士の仕事については、会計士受験生やその他知りたがり屋さんのためにいずれ書いてみようと思います。

 

税理士はというと、ルーツはというと、ぶっちゃけ、税理士試験自体は経由しておらず、公認会計士の資格をもって税理士登録をしております。

この辺の資格に関する話もおいおい思いついた順にしていこうかなと思いますが、税理士は結構不思議な資格で、資格取得するのには「試験を受けて合格する」という至極当たり前の結果だけではなく、実は色んなルートがあります。

なんか裏口入学みたいな風ですが、まあ色んな資格やキャリアを経ると、なれるんです。

その中に、公認会計士の資格があると税理士も登録できるので、している、という感じです。

 

僕はこのように2つの資格(税理士+公認会計士)を駆使して今まで社会人として生きてますので、そのあたりの話(仕事内容の話、試験の話、業界の話とか)を少しずつ残していきたいかも、と思います。

世間様にちょっとお役に立てるもの

これは、まあ税理士と公認会計士として活動しておりますので、ひとまず「税務・会計」の話は色々していこうかなと思います。少しはお役に立てるだろうと。

税金って信じられないぐらい皆から嫌われてますが、奇しくも信じられないぐらい全員に関係するものです。

嫌いだからって完全に関係を断つことはできず、チラチラ顔を覗かせてきます、税金は。

なので、「うまく付き合っていく」スタンスで対処する他ありません。

税金のルールや仕組みの話も大事ですが、「うまく付き合っていく方法」なんかも僕なりの視点で書けていければ良いかな、と思います。

あとはフリーでどうでもいい話を

はい、あとはもう好きに書きますね。

でも、税理士とか公認会計士とか、その他弁護士、司法書士、行政書士、社会保険労務士などのいわゆる「士業」という職業の方全般にいえるのですが、この専門家たちって世間様のイメージ的には

「うわあーこいつらクソつまんねえー」

「うわあーくそまじめー」

みたいなの、あるんですよ。

たしかに皆さん、少なからず、私よりも遥かに真面目で優秀な方ばかりです。

専門家ですから、ホームページとかも、やっぱりカッチリした感じで社会貢献している感じがすごいしますし。

実際、その道で凄い先生なんかもいらっしゃいます。

でも、ある意味法律で守られた仕事なので、仕事自体には色が付けられず、「差別化できない」という特徴があります。

例えば、申告書は税法で決められたルールで作成しなければいけないので、もういい加減飽きたからといっていきなりマイルールを作って申告することは許されません。

このせいで自分のカラーがだんだん薄れていくのか、そもそも堅い性格なのか知らんですが、確かにこの税理士業界は「お堅い」イメージがついてまわります。

「敷居が高い」みたいなことをいわれることもあります。

(本来の使い方では無い気がしてるのですが)

このあたり、これまで死ぬほど商談やご相談を受けておりますが、そのイメージでいらっしゃる方が多いので、それならお会いする前に「ちょっとブログとかで自分がどんな感じのヤツなのか知ってもらいたいな」と思った次第です。

この職業、仕事のカラーがつかない代わりに税理士の人間自体に興味を持って頂けないと、埋もれてしまうんです。

かといって別に僕が面白いとかでは全くなく、結局「うわあーやっぱりつまんねぇーこいつ」となる可能性は大いにありますが、つまるところの目的としては

「僕の考えやキャラクターに少なからず共感していただき、どちらかというと気の合うお方とお仕事がしたい」

ということをしたいがために、趣味や生活にも絡めて開示してみようかな、と思った次第でございます。

趣味はプロフィールでまとめますが、スポーツ全般、音楽、旅行、アウトドア、バイクなどです。

簡単にいうと、筋トレを愛しているいうことです。

このあたり、少しずつ書いていけたらなと思います。

まとめ

ひとまず、ブログをやろうと思います。

日記ではなく、何かしら参考になる、役に立つポイントを最低限入れながら。。

できれば「毎日更新!」とかしたいけれど、あんまり厳しく考えないでやっていきたいと思います。

宜しくお願いいたします。疲れたので、そろそろ失礼いたします。

 

 

 

 

磯谷雄大(いそやたかひろ)
書いている人
磯谷 雄大

サウナ税理士・公認会計士。
松戸市在住の35歳。
公認会計士として12年、税理士として7年経過。
主に「設立+創業融資+税務」に特化して創業初期に悩むお客様をサポートしています。
現在は「一人で自由に生きる税理士」として活動中。
事業を継続するため、健康を保つために「筋トレ+サウナ」を習慣としています。
ていうか、これがないと生きていけない。
とにかく業界や常識にとらわれない自由な発想・生き方を日々探しています。
娘が2人、息子が1人。

磯谷 雄大をフォローする
フリートーク
スポンサーリンク
磯谷 雄大をフォローする
フリートーク
タイトルとURLをコピーしました